プラン一覧・ご予約 宿泊検索

0796-47-0666

受付時間 9:00 - 21:00
プラン一覧・ご予約

features奥城崎シーサイドホテルの魅力

Greeting

社長岩井 祐介

ご挨拶

ようこそ、奥城崎シーサイドホテルへ。5代目社長の岩井 祐介と申します。
当館は、竹野浜に一目惚れした祖父が昭和46年に創業し、2021年に50周年を迎えられたことを記念して、リニューアルオープンいたしました。

祖父が惚れ込んだ竹野浜は、蒼い海に白い渚のコントラストや、キラキラと波に反射する光がとても美しく、四季を通して様々な表情で私たちを魅了してくれます。
また、とにかく地元産の食材にこだわり、できる限り地産地消を目指したお料理も自信を持ってお届けします。空気も含め、この土地の味を五感で感じていただければ幸いです。

「但馬(兵庫県北部)一ワクワクする宿を創る」ことをミッションとし、先代から引き継いだ大切にしたい伝統と、時代に即したトレンドを掛け合わせ、常にチャレンジングな姿勢で日々業務に取り組んでおります。
一泊、いえ、たった数時間であったとしても当館での滞在を通して、お客様が心の中に何か「ワクワク」するものを感じてくださることを我々の望みとし、これからも発展し続けてまいります。

ちび女将も
待ってるよ♪

Location

ロケーション

自然まるごと深呼吸!とびきりの景色に出会える兵庫最北の宿

目の前に広がるは「日本の渚・百選」、「日本の快水浴場・百選」として国に認定されてる竹野浜海岸。
透き通る水の美しい風景は、ホテルのどこからでも眺められます。

また、日本でも珍しい「夕競り」がある竹野漁港のお陰で、鮮度抜群の魚介をお召しあがりいただけます。

景色も食も贅沢に満喫できるのはこのロケーションならではです。

竹野浜周辺のアクティビティActivity

大人も子供も楽しめる大自然のアクティビティ。ジオカヌーに海釣り、自然遺産巡りやサイクリングなど楽しみ方は様々。
あなたらしい過ごし方を見つけて、竹野に忘れられない思い出を刻んでくださいね。

過ごし方を見る

Cuisine

料 理

せっかく竹野にお越しいただくなら、但馬の美味しいものを存分にご堪能いただきたい!
そんな想いから地産地消を心がけ、食材は料理長自ら漁場や地元農家へ出向き、厳選しています。

夕競りで仕入れた鮮度この上ない魚介たち。
美味しい空気や水、愛情たっぷりに育った地元のお米。
「但馬牛」「柴山ガニ」「八鹿豚」などの高級ブランド食材。

食材はさることながら、食のプロフェッショナルたちによる試食を重ねて、味も見た目も自信を持ってお届けできる創作会席料理が出来上がりました。

料理を見る

Art Project

アートプロジェクト

当館では「OKUKINOSAKI ART PROJECT」として、国内外で広く活躍されている多彩なアーティストとのコラボレーションをお楽しみいただけます。

竹野町のシンボルでもあり、ホテルのある猫崎半島をテーマに、ペンだけで描きあげた壮大でかつ緻密な動植物画に、自然の中に広がる音を楽曲にした空間音楽のBGMなど。

自然の雄大さが感じられる作品となっています。

Visual
Artist

村山 大明Tomoaki Murayama

Profile

主な活動は壁画制作、ライブペイント、インスタレーションなど。
2020年より京都の山里に移住し、自然の持つ生命力と調和、そして人と自然との関係性をテーマに絵画作品や立体造形、それらを組み合わせた空間づくりなどを行っている。

Sound
Artist

akira∞ikeda

Profile

「Tuning」をテーマに音に関わる、地球を奏でる音楽家。
楽器演奏の他、水楽器制作、オリジナルアルバム制作、映画やCMの楽曲提供、空間音楽総合プロデュースなど、現在まで30を超える国々で場所を問わず活動中。

館内案内を見る

History

歴 史

1971(昭和46)年3月、奥城崎シーサイドホテルは兵庫県城崎郡(現・豊岡市)竹野町にて開業しました。
西日本一のリゾート開発を夢見た初代社長・岩井栄太郎の熱い想いは、5代目の現社長へと受け継がれ、常に新たなチャレンジを遂げながら今の時代に即した形でこれからも発展してゆきます。
創業50周年、奥城崎シーサイドホテルの壮大な物語はエピソード満載です。今後も少しずつご紹介していきますのでご期待ください。

デジタルパンフレット
トップへ戻る