新着情報

「新着情報」の記事一覧

夏期ご利用のお客様へ

夏期(7月1日~8月20日)ご利用時の注意事項
1.受付について
(1)チェックインの時刻は15:00~18:00です。但し、11:00からホテルの駐車場はご利用頂けます。(※一部の日程を除く。)
(2)早めにご到着されて海水浴をされる場合のお約束
・駐車場所は係の誘導に従ってお停めください。
・駐車後はフロントに受付にいらしてください。チェックイン時まで大きな荷物はお車にて保管して下さい。
・水着へのお着替えはホテル前の中庭に簡易更衣室がございますのでそちらをご利用下さい。
・海水浴をされた後のチェックインは水着のまましていただけますが、中庭のシャワーでしっかりと塩と砂を
落とし、水気を切ってからフロントにキーを取りにいらしてください。

2.館内外サービスについて
浮輪・バナナボートなどに空気を入れる場合は玄関のコンプレッサーをご利用ください。その後の浮輪などの専用置場はございませんのでお客様管理となります。中庭や植込みには置かないようにしてください。
・ビーチパラソルは中庭の海の家ビーチショップにて有料レンタルをしています。(1回1,000円)
・温水シャワーは2分200円のコインシャワーが中庭にございます。
・コインランドリーは大浴場の隣にございます。水着の脱水や乾燥にご利用下さい。両替はフロントで承ります。
・昼食は中庭の海の家ビーチショップ、館内では喫茶・レストランのグリルアルグをご利用下さい。
・水着のままでご利用頂けるのはビーチショップとテラスのみとなります。テラスはグリルアルグのメニューをご注文いただけます。
・大浴場のご利用時間は5:00~10:00と12:00~23:30になります。10:00~12:00は清掃作業中ですのでご入浴いただけません。
・釣った魚を夕食時にご提供させて頂くことが可能です。調理料金は1,080円~となります。(釣りプランの場合は宿泊代金に含まれます。)魚種、大きさ、数に応じて料金が変わります。また、夏期は気温、水温が高いのでクーラーボックスに氷を入れて魚を保管してください。料理人の判断で状態が良くない魚の調理をお断りする場合がございます。
・花火は海岸の砂浜でしていただけます。水の入ったバケツとチャッカマンは売店にて貸し出しをしています。
 花火は22:00までと決められていますので時間厳守でお願いします。終了後はゴミをお持ち帰り頂きましてバケツと一緒にホテルの正面玄関横に置いてください。チャッカマンはフロントまたは売店に返却してください。
・ジオカヌー体験は事前予約のみとなります。当日予約、参加はできません。
・飲料・クーラーボックスのお持ち込みは禁止させて頂きます。そして館内でご購入いただきました飲料も食事会場にはお持ち込みいただけません。
3.チェックアウトについて
(1)チェックアウトの時刻は10:00になります。延室は1時間3,240円で最長2時間とさせていただきます。
 しかし7月後半から8月中旬まで繁忙期にて延室ができない日程がございます。
(2)チェックアウト後の駐車場のご利用は有料になります。最長でも14:00までとさせていただき、料金は3,000円です。またホテルの直ぐ隣には町営の大駐車場があり、1日1,500円で駐車できます。
(3)チェックアウト後の大浴場の料金は大人500円、小人300円、バスタオル(レンタル)200円、フェイスタオル100円となります。ご利用時間は12時以降となります。
(4)チェックアウト後の駐車場の利用と大浴場の利用が上記よりも安くなる「マイビーチプラン」がフロントにて販売されていますので、詳細はお電話もしくはフロントにて直接お尋ねください。
4.※(重要なお知らせ)
ホテル内外の施設利用時間が制限される日程
7月14日及び22日にご宿泊の場合、翌朝10:00以降はホテル内外の施設及び駐車場がご利用になれません。
7月20日及び26日にご宿泊の場合、当日のホテル内外の施設及び駐車場は15:00まではご利用頂けません。
◎ マイビーチプランをご購入の場合でも上記の日時はご利用頂けません。
5.食事のみでご利用されますお客様へ
館内の喫茶・レストラン グリルアルグにて昼食(11:00~14:30)、夕食(19:00~20:00)をご注文いただけます。但し、駐車場はご宿泊のお客様で満車でございますので、町営駐車場をご利用いただくか徒歩にてご来館ください。

6.海上アスレチックラグーンについて
7月1日よりホテル前の新港に設置されます海上アスレチックラグーンはホテルが設置している施設ではございません。受付は新港(ホテル前の砂浜)にある青いテントで行っています。ホテル内では受付を行っていません。但し、ラグーン付宿泊プランでお申し込みのお客様にはチケットの引換券をお渡しいたしますので、その券を持って受付場所に行って下さい。営業期間及び時間などは『たけの観光協会HP』(http://takenohama.com/lagooon/)をご参考になさってください。

7.アメニティについて
 大人・小学生様にはバスタオル・フェイスタオル・浴衣・歯ブラシが付いています。(エコプランを除く)
 幼児様はお食事や布団付のプランでも上記の備品は付いていません。施設使用料が掛かる幼児様(3歳以上)にはフェイスタオルと歯ブラシが付きます。

8.喫煙について
 喫煙のできる場所は客室と玄関前の灰皿が設置してある場所のみとなっています。ロビー・食事会場などの
パブリックスペースは禁煙となっています。

小生の山陰放浪記第2話

皆様、こんにちは。小生です。
第2話は山陰ではございません。姫路ですがタイトルはそのままでご容赦ください。
姫路まで車で2時間、プロスロッターの俊君と放浪に出かけました。

今回の目的地は書写山です。姫路城と迷いましたがマイナーな方を選びました。
マイナーと言っても「ザ・ラストサムライ」をはじめ、NHK「軍師官兵衛」、「3月のライオン」、「本能寺ホテル」などのロケ地に使われ、映画の聖地にもなっています。到着後ロープウェイに乗って山頂へ!!!

山上駅からは徒歩にて円教寺を目指します。

謎の小さなお地蔵様群

青紅葉背景に不気味な笑みを浮かべる俊君。


そして円教寺に到着。何とも迫力のあるお寺です。西国33霊場の第27番札所にぜひ皆さんもお越しください。

小生のドカンと一発釣ってみよーよ!第1話

皆様こんにちは。小生でございます。
竹野浜海岸5月下旬から6月に渡って非常に良い天気と凪に恵まれています。
そこで小生は再び釣りカヌーに向かった。イットク氏とJrの巨大アオリイカに触発されたのかもしれません。
5月30日の午後5時半に艇を出しました。海は湖畔のように静まり返り、ジギングには最高のコンディション。一文字を出た辺りから一投目。ヒラメが釣れやすい所だがここではヒットなし。30分くらいで猫崎先端に到着。水深50mくらいで底が取りにくいので100gの鯛ラバに変更するもヒットなし。少し戻って水深30mくらいのポイントで金色の40gメタルジグにタックルを替えて底をしゃくる。ブルブルとルアーに触れる感覚があるが乗ってこない。とおもった瞬間…グイっと穂先が水中に引き込まれる。ドラグが出る。明らかに根魚のツッコミ。根に入られないように急いで浮かせるべくバトルが始まる。格闘の末、上がってきたのは橙色の水玉模様。
40cmを超える根魚の王者が今年も顔を見せてくれた。

イットク氏の日本海蛮遊記第2話

皆様、こんにちは。小生でございます。

5月29日の朝、一通のラインが入ってきた。

ついに春イカ(アオリイカ)をゲットしたのか!?持っているのはJrですが釣ったのはイットク氏だとのこと。エギを忘れてたまたまケースに入っていた2.5号の1本で仕留められたそうです。

その後、Jrも釣れて、2人ともハッピーエンド。


流石です。巨大烏賊攻略の巻でした。

小生の但馬グルメ日記第2話

皆様、こんにちは。小生でございます。

5月とは思えないくらい暑い。冬服から一気にTシャツ・短パンに衣替えです。
そんな暑い時期にお勧めのメニューです。
178号線を香住に向かって走り、江野トンネルを抜けて直ぐに左に降りるとあるのが「お食事処 山里」

メニューはこんな感じです。

定番は川南谷そば、チャレンジするなら川ガニうどん。栃餅ぜんざいは定評があるようです。
小生はもちろん盛の大盛です。

自然薯で繋いでいるので喉越しが滑らかで風味はしっかり残っています。食べやすいので万人に受ける味ですね。あっという間に完食です。これなら3人前くらいはペロリでしょう。車でお越しの際はぜひ、お立ち寄りください。

イットク氏の日本海蛮遊記第1話

皆様、こんにちは。小生でございます。

さて、少し時間が空いてしまいましたが釣果の近況をお伝えします。
我らが一徳さんの釣果安定し始めましたのでコーナーを一つお任せすることにしました。
題して「蛮遊記」。彼の性格「蛮勇」から一文字、彼の日常「遊楽」から一文字を取りました。

さて、最近の釣果。今回から場所も教えてしまいます。
5/15 大仏 メジナ27cm

5/8  冠  チヌ(黒鯛) 43cm

気温の上昇に伴い、水温もグングンと上がっています。エサ取りも多いですが、その下にはビッグフィッシュが隠れています。また、ホテルの前の波止場では良型の鯵が上がり始めています。また、産卵前の大型アオリイカも湾内に集結しています。さぁ!!お急ぎください。お待ちしています。

小生の但馬グルメ日記第1話

皆様、こんにちは。小生でございます。
ホテルご利用のお客様よりよく質問されるのが、「昼食、近くで良いとこないですか?」
ズバリ!!あります。そのお店を紹介していくのがこの企画でございます。
今までも単発で紹介したことはありましたがシリーズ化が決定しました。

第一話「河豚尽くし定食」1,500円(税込) 店名:おっとっと

先ず驚くのはてっさの鮮度とその量!!コリコリの身をこれでもかと言うくらい食べられます。そしてフライと唐揚げは弾力のある噛み応えと深い味わい。衝撃的なのは白子の塩焼!!!濃厚で臭みの無いクリーミーな味わいはぜひ一度ご賞味あれ。初回から出ました100点満点。竹野浜に来たらここに行くしかないでしょ!!不定休で空いている方が珍しいので事前に確認してから来られる方が安全です。他には鰺尽くし、日替わりも捨てがたいですが、一番高いメニューでも1,000円台なのでケチらず満足度の高い定食をお勧めします。今回の定食は京阪神で食べると5,000円は下らないと思います。

小生の山陰放浪記第1話

皆様、こんにちは。小生でございます。
今回から始まりました小生の放浪記ではホテル周辺車で2時間圏内の穴場スポットを紹介していこうと思います。
しかし、休日に出かけていますので忙しくなると更新されませんのでご容赦ください。

先週は伊根の舟屋から丹後半島をぐるりと一周してきましたので今回は西に向かって出かけました。
偶然、同じ方角を散策していた藤田カメラマンと途中で合流して一緒に行動していました。

山陰近畿自動車道を終点浜坂まで駆け抜けました。その後、下道の海岸線を走っていると白兎海岸に到着です。
因幡の白兎の舞台で有名な古社の白兎神社で一休み。


ここで休憩していると藤田氏より「燕趙園」で昼食バイキングを食べようとお誘いが掛るので東郷池まで更に西に進む。

昼食後、以前から2人とも気になっていた「三徳山三佛寺投入堂」を目指す。日本一危険な国宝に2人の胸が高鳴る。
入山の際、登山靴をはいていない人は草鞋を買わされる。絶対に普通の靴の方が登りやすいのにブーブー言いながら装着

傾斜が半端なく、藤田氏は途中でグロッキー状態

崖の上の文殊堂で一休み

小生、調子に乗って「第一のコース」と手を上げるとフェイブックには「早く飛べ!!」とのコメントばかり。友達を選びます。

先に来ていた外国人の方は端に座っていたが流石に怖くて真似できませんでした。

その後、目的地の投入堂に到着、

感無量なり。下りはしんどくないのか藤田氏はスイスイと滑るように下っていきました。メデタシめでたし。
1人では入山許可が下りませんので複数でチャレンジしてみて下さい。アドベンチャーですよ。

京都縦貫経由でお越しのお客様へ

こんにちは。小生でございます。
ゴールデンウィークが終わり、暫しの休息。愛車の忍者に跨り宮津へ…
藤田カメラマンお勧めのとんだ屋で昼食を取り、いざ経ヶ岬へ!!!
ちなみにとんだ屋は新鮮で安くて美味しい定食屋さんです。


造り定食1,080円、鯛のアラ煮270円と激安です。
天橋立を超えて伊根の舟屋を見学。

経ヶ岬を抜けてふと横を見ると見覚えのある地区名が
丹後半島にも竹野浜があるなんて驚きです。

てんきてんきの立岩を経由して久美浜に帰ってきました。とにかく風の気持ち良いバイク日和でした。

京都縦貫経由でお越しのお客様はルートをご参考下さい。きっと素敵な景色がお出迎えしてくれることでしょう。

ゴールデンウィーク終了

皆様、ゴールデンウィークを如何お過ごしされましたでしょうか?
小生は旅館業務とジオカヌーインストラクターをしているうちに終わってしまいました。忙しかった…只それだけです。

さて、最近、藤田カメラマンが早朝にロビーから見える朝日を撮っているのですが、薄曇りの時に綺麗な朝焼けが見えるようです。

ご宿泊予定のお客様は薄曇りの時がチャンスです。頑張って早起きしてみて下さい。ちょっとした感動が待っているかもしれません。