新着情報

「2019年05月」の記事一覧

小生の但馬グルメ日記第2話

皆様、こんにちは。小生でございます。

5月とは思えないくらい暑い。冬服から一気にTシャツ・短パンに衣替えです。
そんな暑い時期にお勧めのメニューです。
178号線を香住に向かって走り、江野トンネルを抜けて直ぐに左に降りるとあるのが「お食事処 山里」

メニューはこんな感じです。

定番は川南谷そば、チャレンジするなら川ガニうどん。栃餅ぜんざいは定評があるようです。
小生はもちろん盛の大盛です。

自然薯で繋いでいるので喉越しが滑らかで風味はしっかり残っています。食べやすいので万人に受ける味ですね。あっという間に完食です。これなら3人前くらいはペロリでしょう。車でお越しの際はぜひ、お立ち寄りください。

イットク氏の日本海蛮遊記第1話

皆様、こんにちは。小生でございます。

さて、少し時間が空いてしまいましたが釣果の近況をお伝えします。
我らが一徳さんの釣果安定し始めましたのでコーナーを一つお任せすることにしました。
題して「蛮遊記」。彼の性格「蛮勇」から一文字、彼の日常「遊楽」から一文字を取りました。

さて、最近の釣果。今回から場所も教えてしまいます。
5/15 大仏 メジナ27cm

5/8  冠  チヌ(黒鯛) 43cm

気温の上昇に伴い、水温もグングンと上がっています。エサ取りも多いですが、その下にはビッグフィッシュが隠れています。また、ホテルの前の波止場では良型の鯵が上がり始めています。また、産卵前の大型アオリイカも湾内に集結しています。さぁ!!お急ぎください。お待ちしています。

小生の但馬グルメ日記第1話

皆様、こんにちは。小生でございます。
ホテルご利用のお客様よりよく質問されるのが、「昼食、近くで良いとこないですか?」
ズバリ!!あります。そのお店を紹介していくのがこの企画でございます。
今までも単発で紹介したことはありましたがシリーズ化が決定しました。

第一話「河豚尽くし定食」1,500円(税込) 店名:おっとっと

先ず驚くのはてっさの鮮度とその量!!コリコリの身をこれでもかと言うくらい食べられます。そしてフライと唐揚げは弾力のある噛み応えと深い味わい。衝撃的なのは白子の塩焼!!!濃厚で臭みの無いクリーミーな味わいはぜひ一度ご賞味あれ。初回から出ました100点満点。竹野浜に来たらここに行くしかないでしょ!!不定休で空いている方が珍しいので事前に確認してから来られる方が安全です。他には鰺尽くし、日替わりも捨てがたいですが、一番高いメニューでも1,000円台なのでケチらず満足度の高い定食をお勧めします。今回の定食は京阪神で食べると5,000円は下らないと思います。

小生の山陰放浪記第1話

皆様、こんにちは。小生でございます。
今回から始まりました小生の放浪記ではホテル周辺車で2時間圏内の穴場スポットを紹介していこうと思います。
しかし、休日に出かけていますので忙しくなると更新されませんのでご容赦ください。

先週は伊根の舟屋から丹後半島をぐるりと一周してきましたので今回は西に向かって出かけました。
偶然、同じ方角を散策していた藤田カメラマンと途中で合流して一緒に行動していました。

山陰近畿自動車道を終点浜坂まで駆け抜けました。その後、下道の海岸線を走っていると白兎海岸に到着です。
因幡の白兎の舞台で有名な古社の白兎神社で一休み。


ここで休憩していると藤田氏より「燕趙園」で昼食バイキングを食べようとお誘いが掛るので東郷池まで更に西に進む。

昼食後、以前から2人とも気になっていた「三徳山三佛寺投入堂」を目指す。日本一危険な国宝に2人の胸が高鳴る。
入山の際、登山靴をはいていない人は草鞋を買わされる。絶対に普通の靴の方が登りやすいのにブーブー言いながら装着

傾斜が半端なく、藤田氏は途中でグロッキー状態

崖の上の文殊堂で一休み

小生、調子に乗って「第一のコース」と手を上げるとフェイブックには「早く飛べ!!」とのコメントばかり。友達を選びます。

先に来ていた外国人の方は端に座っていたが流石に怖くて真似できませんでした。

その後、目的地の投入堂に到着、

感無量なり。下りはしんどくないのか藤田氏はスイスイと滑るように下っていきました。メデタシめでたし。
1人では入山許可が下りませんので複数でチャレンジしてみて下さい。アドベンチャーですよ。

京都縦貫経由でお越しのお客様へ

こんにちは。小生でございます。
ゴールデンウィークが終わり、暫しの休息。愛車の忍者に跨り宮津へ…
藤田カメラマンお勧めのとんだ屋で昼食を取り、いざ経ヶ岬へ!!!
ちなみにとんだ屋は新鮮で安くて美味しい定食屋さんです。


造り定食1,080円、鯛のアラ煮270円と激安です。
天橋立を超えて伊根の舟屋を見学。

経ヶ岬を抜けてふと横を見ると見覚えのある地区名が
丹後半島にも竹野浜があるなんて驚きです。

てんきてんきの立岩を経由して久美浜に帰ってきました。とにかく風の気持ち良いバイク日和でした。

京都縦貫経由でお越しのお客様はルートをご参考下さい。きっと素敵な景色がお出迎えしてくれることでしょう。

ゴールデンウィーク終了

皆様、ゴールデンウィークを如何お過ごしされましたでしょうか?
小生は旅館業務とジオカヌーインストラクターをしているうちに終わってしまいました。忙しかった…只それだけです。

さて、最近、藤田カメラマンが早朝にロビーから見える朝日を撮っているのですが、薄曇りの時に綺麗な朝焼けが見えるようです。

ご宿泊予定のお客様は薄曇りの時がチャンスです。頑張って早起きしてみて下さい。ちょっとした感動が待っているかもしれません。